教祖百二十年祭にをいがけ

浪一分教会
273,980枚
浪三分教会
18,411枚
浪四分教会
26,047枚
浪二布教所
27,198枚
浪六布教所
1,200枚
浪七布教所
33,080枚
古山田
1,440枚
浪八布教所
6,210枚
一心布教所
1,730枚
明心布教所
1,549枚
 
H15.2.16開始 合計390,845枚

 

 

「青年会中野分会から元気を発信中!!」

只今、青年会中野分会におきましては、
良いにをいは元気な挨拶からを合い言葉に、
「元気化計画」を推し進めております!!
ご賛同頂ける方には、上記のバッチをお配りしてます
詳しくはお問い合わせください!!

 

 

お 知 ら せ
2万人おぢばがえり

四月二十三日の大教会月次祭にて、大教会会より『2万人おぢばがえり』のご発表がありました。来年一年間は、特に「おぢばを常に賑やかに」との真柱様の思いをお受けして、来る平成十八年の一年間に、2万人おぢばがえりのご守護を頂戴出来るように一回でも多くおぢばに帰らせて頂きましょう。また、『三百万軒にをいがけ』を通して新しい方をおぢばにお連れしたいものです。


浪一分教会設立 四十周年記念祭
平成十七年五月七日執行

教祖八十年祭を目前にした昭和四十年十二月二十六日に浪一分教会は教会の理のお許しを頂戴致しました。それから数えて今年は四十年を迎えます。二百人以上の用木のご守護頂戴し、只今は教祖百二十年祭を目前に控えお互い心の成人の道程を勇んで歩ませて頂いておりますが、より勇んだ年祭の年をつとめさせて頂くためにも、浪一の節目に理につながる用木が集い、改めてたすけ一条を誓い合い、教祖の道具集としての意気を高めさせて頂きたいと思います。詳細はまだ日取りしか決まっておりませんが、決まり次第順次ご連絡させて頂きます。
 ご協力の程をお願い致します。

修繕費のお願い

旧神殿及び現在の神殿が段々と傷んできており、随時補修はさせて頂いておりますが、今後大きな改修が必要となります。そこでこの度皆様方のご協力を頂戴して、修繕費の積立をさせて頂く運びとなりました。
つきましては、一口三千円を毎月の積立とさせて頂きたいと思いますので、ご協力をお願い致します。

大教会にをいがけデー
現在教祖百二十年祭の時旬に大教会より『別席者の御守護を頂こう』・『300万軒にをいがけ』をお打出し下さっておりますが、この度その打出しを推進するために、毎月第二日曜日を大教会全体のにをいがけの日としてつとめさせて頂く事になりました。
 浪一としましては、現在にをいがけを推進するために毎月心のふしん強調日としてつとめてきましたが、年祭の期間は『大教会にをいがけデー』としてつとめさせて頂きますので、よろしくお願い致します。
教祖百二十年祭お供について
二年後に控えました教祖百二十年祭当日の報恩感謝のお供えをさせて頂きたいと思います。当日まで二十二ヶ月余り期間がありますが、一日一〇〇円を目標にさせて頂きたいと思いますので、ご協力のほどお願い致します。
尚、御供袋は大教会から頂戴したものを使わせて頂きます。
300万軒にをいがけ
先月ご連絡致しました『300万軒にをいがけ』の詳細についてご連絡致します。

◎実動報告書について
その1、
用木・信者さんに毎月、一ヶ月の実動報告書をお配りしますので、毎日のにをいがけ件数と、おさづけの取次ぎ回数を書き込んで下さい。用紙は、個人でご記入いただいても、家族単位でまとめて書いても結構です。

その2、
一ヶ月の書き込みが終った実動報告書は、所属教会の月次祭にお持ち下さい。お供えをさせていただきます。
愛知万博ひのきしん募集

平成17年3月25日より9月25日までの期間開催されます「愛・地球博」のひのきしんを募集いたしております。詳細は下記の通りです。

 

活動内容 ゴミの分別指導
参加条件 15歳以上の方
     開催期間内に5日以上活動できる方
研  修 平成16年5月以降にあり
活動会場 長久手会場
活動時間 9時〜14時と13時〜18時の2交代
締め切り 平成16年4月12日

にをいがけチラシ
教祖百二十年祭に向っての、にをいがけチラシを作成させて頂きます。お申し込みは浪一分教会印刷室まで、奮ってお申込み下さい。
おさづけ取次ぎ
大教会では春季大祭より月次祭祭典終了後に『おさづけ』のお取次ぎを大教会長様を先頭に役員先生方がして下さいます。どうぞご身上(病気など)の方、是非大教会の月次祭に参拝をさせて頂きましょう。また、浪一分教会の教会でも月次祭祭典後に『おさづけ』のお取次ぎをさせて頂いておりますのでご参拝下さい。